ウォータープルーフ

Beauty

こんにちはひきだしです🙌

今日は、『ウォータープルーフ』について👀お話ししますね。

『ウォータープルーフ』とは、『耐水性』を表した言葉です✨

時計や携帯電話、カメラなどの精密機器には、防水加工がされていることを言いますが、

化粧品では、日やけ止めクリームやスプレー、夏やスポーツ用のアイテム、

女性が毎日のように使う、ファンデーションや下地、

そして、マスカラやアイライナーなどにも使われていますね👀

一般的には、『水や涙などに強く、落ちにくい!

と、各社色んなウォータープルーフ商品をだしていますね。

先日、ある方からの質問で、

結局、ウォータープルーフの日焼け止めって、皮脂で落ちちゃうんじゃない?

汗(水)をはじくのはわかるんだけど、

皮脂(油)には、弱いんじゃないのか?という疑問でした。

たしかに、油がでてきちゃっているし、油があるところに皮脂がでてきちゃったら、まー崩れちゃうんじゃないかと、、。

私も、「界面活性剤」を勉強する前までは、そう思っていました。

界面活性剤とは、一つの分子内に、油に馴染みやすい部分(親油基)と、水に馴染みやすい部分(親水基)の両方をもっています。

f:id:medicalbs:20190414194522j:image

こんな感じ🙌

この性質を利用して、乳化・洗浄・可溶化(水に溶けにくい物質が溶けるようになること)・浸透・分散などの働きがあります。

ここで大切なのが、『乳化』の『O/W』と『W/O』です。

f:id:medicalbs:20190414193440j:image

乳化とは、油と水が細かい粒子になって分散することです。

水と油が完全に溶解しているわけではありません。

このとき、界面活性剤の働きによって、水の中に油が分散した状態(O/W型)や、

油の中に水が分散した状態(W/O型)にすることが、可能です。

例えば、

f:id:medicalbs:20190414215025j:image

牛乳🥛はO/W型

f:id:medicalbs:20190414195312j:image

バターはW/O型となります👍

ふーん。、、で?

って感じかもですが、、笑

最初にお話しした、『ウォータープルーフ』の日焼け止めとかは、じゃーどっちなの?というと、、

バターと同じ、W/O型となります。

え!?

油の中に水だから、油が多いんじゃん!

じゃー、油でやっぱ、皮脂崩れするでしょ?

と、いうと、

実はそうではないんです😌✨

実は、W/O型のタイプには、時間が経つと、少しずつ「飛んでゆくもの」が存在しています。

表示には、シクロメチコンとか、デカメチルシクロペンタシロキサンとかって書いてあります。

f:id:medicalbs:20190414201525j:image

(化学は苦手でした、、、ww)

何かというと、要は、「揮発性のシリコン」のことです。

つまり、時間が経つと皮脂が出てくると同時に、油もすこーしずつ減っていっているんです。

なので!

油で崩れたりはしない!のです✨✨

W/O型の場合には、クリームタイプと違い、流動性があるので(固まっていないので)、

揮発性のものが飛んで行くと、化粧膜の油が徐々に減ってゆきます。

そのかわりに、皮脂がでてくるので、お肌の油分水分のバランスがとれていくのです。

お肌は水分と油分のバランスがとれている方が、綺麗にみえます。

だから、『ウォータープルーフは、皮脂にも弱くない』のです⭐️

f:id:medicalbs:20190414205135j:image

メイクは崩れない!日焼け止め落ちない!私は、絶対、日焼けしない!

、、、って、なんかCMであったような👀🙌

これから始まるレジャーシーズンには、もってこいですね!

ただ、

ウォータープルーフのアイテムは、ちょっと気をつけなければならないこともあります。

さきほどもお話しした、シリコンや油脂などのコーティング剤が入っています。

これがやっぱり落としにくいのです😭

ウォータープルーフの日焼け止めでしっかり紫外線ガードした後は、

クレンジングもしっかり行ないましょう!

落としきれないと、毛穴をふさぎニキビや吹き出物、そして、皮膚呼吸そのものを妨げ、皮膚膜を作る機能を阻害してしまいます。

このバリア機能が落ちると、お肌の乾燥が進み、せっかく日焼け止めで頑張ったのに、結局シミやしわができてしまいます。

、、、恐ろしい

クレンジングの洗浄力の強さは、

オイル→ジェル→クリーム→ミルク→石鹸

の順番です。

今お手持ちのアイテムがどのくらいの強さなのか、

また、夏も冬も、一年中同じアイテムでクレンジングしてしまっていないか。

日本はこれだけ四季がたくさんありますから、お肌もシーズンに合わせたケアをしっかり行ないましょう🌸

シーズン考えず、『一年通して、〇〇使っていれば美肌になります!』とうたっている商品は、、、やっぱり注意ですね⚠️

ピックアップ記事

関連記事一覧