クレンジング

Beauty

こんばんは、ひきだしです。

みなさん体調はいかがですか?最近は寒暖差が激しいですので、身体にこたえますね💦

インフルエンザが流行ってきましたので、みなさまお気をつけください❄️

今日は、こちら

f:id:medicalbs:20190106073425j:image

『まちがえがちな美容知識』をまとめたいと思います👀🌱

実は先月、日本化粧品検定の1級と2級を受けました。

コスメの歴史から成分、製造方法、メイクの基本や美肌に導く美容知識など学びます。

好きなことは、勉強はかどりますね!笑❤︎

今日はその中から、『クレンジング』についてまとめたいと思います✨

クレンジングで落とすものは、洗顔で落ちにくいメイクアップ化粧品です。

クレンジングは『油性成分』で汚れを落とします。

メイク💄をした顔に油性成分を塗ると、メイク汚れは『浮く』ため、あとは拭きとれば終わりですが、

クレンジングに『界面活性剤』が入っているのは、浮いた汚れを水と混ぜて流せるようにするためです。

《間違えがちなクレンジング方法》

①クレンジングを長時間行なったり、肌にのせてパック×

f:id:medicalbs:20190106080258j:image

クレンジング剤は洗い流すものです。肌の上に長時間のせておくと、必要以上に肌の潤いをとってしまいます。

②クレンジング剤の量は、肌に負担がかからないよう少なめにする×

f:id:medicalbs:20190106080356j:image

肌の上でスルスルと抵抗なく滑るくらい、たっぷり使いましょう。『摩擦』は肌を痛める原因になります。

③クレンジング後は、タオルでゴシゴシ拭き取る×

f:id:medicalbs:20190106080603j:image

無理に擦ると肌表面を傷つけて肌荒れのもとになったり、シミなど色素沈着の原因になります。柔らかいタオルで押さえるように水気を拭き取りましょう。

④日焼け止めだけの日は洗顔だけで大丈夫×

f:id:medicalbs:20190106081112j:image

日焼け止めが肌に残ったままだと、肌が乾燥し、肌荒れしやすくなります。

紫外線カット剤は防御力が無くなっても、そのもの自体は肌に残ります。

日焼け止めは色々な種類がありますので、落とし方はそれぞれ商品パッケージに書いてある注意書きを必ず読んでくださいね。

クレンジングはメイク💄する女性だけやれば良いものではなく、男性も日焼け止めを塗った後は、ちゃんとクレンジングをすることが大切ですね。

美肌なmen’sは、モテます❤︎

正しいクレンジングで、美肌を目指しましょう✨✨

ピックアップ記事

関連記事一覧