美肌をつくるために

Beauty

おはようございます☀ ひきだしです。

土曜日は当直でした。さわやかな日曜日の朝がきましたね🌱あと15分で次の技師とバトンタッチです🙌

この前、良質な睡眠を!といいながら、私は結局2時間ばかりの睡眠でした💧 やはり、この時期は、日中に引き続き、夜間救急がバタバタします。コーヒーの力をお借りしました笑

f:id:medicalbs:20190114171454j:image

いただいた、カフェインレスのコーヒー☕️

コーヒーなのに、カフェインレス?

、、、カフェインレスだと効かないかな笑

さてさて!今日は、美肌作りの早道、最初の3時間をぐっすり眠るためのコツをまとめますね🌙

f:id:medicalbs:20190114171807j:image

↑こちらの図、覚えていますか?☀️

寝始めの最初の3時間が大切だよーっていうお話でしたが、寝つきが悪く、徐波睡眠まで到達できない場合は、成長ホルモンの分泌が減り熟睡感が減ってしまいます。

なので、体内時計を整えて寝つきを良くする習慣を教えますね。

①照明は消すこと

f:id:medicalbs:20190114172546j:image

夜、強い明かりを浴びると、睡眠を安定させる『メラトニン』が分泌されなくなります。暖色系の明かりにし、寝る時は消しましょう。

②就寝時ケータイ×

f:id:medicalbs:20190114172812j:image

つい、やってしまうんですよね笑💦

直前まで使用していると、画面からでるブルーライトの影響でメラトニンが分泌されにくくなります。

③アロマオイルを活用

f:id:medicalbs:20190114173517j:image

ラベンダーやカモミールなどは、精神を安定させる香りといわれており、様々な研究でも睡眠とアロマの効果がいわれてます。

Lillehei Angela S. and Halcon Linda L., A Systematic Review of the Effect of Inhaled Essential Oils on Sleep, The Journal of Alternative and Complementary Medicine. 20(6): 441-451, 2014

↑一部ですが、のせますね🌱

たくさんの精油がありますが、何が良いかわからない!という方は、自分が心地よいと感じる香りでお部屋を満たすのも良いです。

④夜、喉が渇いたらノンカフェインの温かい飲み物を

f:id:medicalbs:20190114173949p:image

コーヒー、紅茶、緑茶に含まれる『カフェイン』は、脳を刺激し覚醒させます。

就寝前のpm8時以降は控えるようにし、もし喉が渇いたら『ノンカフェイン』の飲み物やホットミルク、カモミールティーなどのハーブティーがおすすめです。

⑤日中は活動的に!

f:id:medicalbs:20190114175025j:image

↑こんな毎日走れませんが、、笑

睡眠は脳と身体の疲労を回復させるものです🌙

例えば、1日ずっと家でTVをみていたり、オフィスで座ったままでいると日中の活動量が不足します。

脳は疲れて眠りたいのに、身体は疲れていないので寝たくないという真逆の状態になってしまうんです。

何回も書きましたが、幸福ホルモンの『セロトニン』の分泌が増えます。このセロトニンは夜になると『メラトニン』に変換されるので良質な睡眠を維持することができます。

いかがでしょうか☘️

美肌作りのためだけじゃなく、健康的な身体になるためにも、睡眠は大切ですね!

なので、、、

深夜、眠すぎて、私が飲みました、カフェインレスのコーヒー☕️は、結局覚醒効果は無かったですね笑

帰宅したら、今日はゆっくりお風呂につかりたいと思います❤︎

よい1日をお過ごしくださいませ✨

ピックアップ記事

関連記事一覧