洗顔

Beauty

こんにちは、ひきだしです☀️

この間のクレンジングに引き続き、今日は『洗顔』について、教えますね!

《洗顔料選びの基本》

①洗顔石けんは、みんな泡立ちの良いものを選ぶべき×

f:id:medicalbs:20190107163820j:image

泡がもこもこしている方がなんとなくイメージが良く、肌の摩擦になりにくいし、泡立ちの良さだけで選んでもいいよね?と思い込んでいる方がたくさんいます。

f:id:medicalbs:20190107164120j:image

しかし!

泡立ちが良い洗顔石けんは、『脱脂力』脂をとる力が強くなっている場合があります。

皮脂をしっかり落としたい『脂性肌』の人には良いですが、肌がとても乾燥している方や、冬場はとくに注意です!

むしろ泡立ちで選ぶのではなく、洗い上がりがしっとりするものを選びましょう。

また、泡立ちが悪くても、泡だてネットを使えば、しっかり泡だてることができますよ🙌

f:id:medicalbs:20190107164658j:image

泡立ちだけで選ぶのではなく、肌の状態や配合されている保湿剤や油分も合わせてチェックしましょう。

②保湿剤が入っていれば大丈夫×

f:id:medicalbs:20190107164932j:image

洗顔料は、洗い流すものなので、保湿剤が入っていても効果が出にくいです。

油分やセラミドを配合した洗顔料は潤いを失いにくしますが、洗顔後はすぐに、しっかり保湿をすることが大切です!

《勘違いしがちな洗顔方法》

①水洗顔でも、皮脂や汗の汚れは落ちる×

f:id:medicalbs:20190107165237j:image

ぬるま湯での水洗顔は、汗やほこりはとれますが、皮脂はとれません。1日の汚い皮脂が残っているとニキビや肌老化の原因になります。

また、スキンケアアイテムの浸透も悪くなります。

皮脂が多い方は朝も洗顔料を使いましょう。

②固形石けんが肌に一番良い×

f:id:medicalbs:20190107173246j:image

石けんは、『界面活性剤』の一種であり、むしろ洗浄力が高いものです。固形石けんが一番優しいわけではありません。

よく出てくる、『界面活性剤』についてはまた、詳しくお話ししますね🌱

③良く汚れが落ちるように、熱いお湯で洗顔をする×

f:id:medicalbs:20190107173652j:image

私もよくやりがちなのですが、お風呂で身体を洗う時に一緒にシャワーでばーっと、かけてしまいます💧

入浴時に使う湯温40℃前後のお湯で顔を洗うと、肌に必要な潤い成分も洗い流してしまうんです。

少し冷たく感じるくらいのぬるま湯(32〜34℃)が最適な温度です。

④汚れが気になるところは、しっかりこすり洗い×

f:id:medicalbs:20190107174136j:image

これ、一番やっちゃいけないことなんですよね。摩擦で肌を痛め、余計乾燥や色素沈着になってしまうんです。

洗顔は、『泡で洗う』のが基本です。

泡を転がすようにクルクルと優しく洗いましょう。

いかがでしょうか。

つい、やってしまっていた!なーんてこともあったかと思います。

美肌のために、今からわざわざ高価なものを買いに行かなくても、今お使いの洗顔剤で、より効果的な使い方をマスターしましょう🙌

クレンジングと洗顔、とても大切です❤︎

ピックアップ記事

関連記事一覧